教材使用実例


対象児童:自閉スペクトラム症の6歳男児

主  訴:平仮名・片仮名は読めるが書くことができない
     書くこと自体苦手で失敗を嫌

取り組み

  1. 家庭では、なぞり書き日記を毎日書いてもらう
  2. OT場面で段階付けて凹凸書字教材シートを使用した
  3. 凹凸書字教材シートなぞり編で直線、波線の練習 
  4. 凹凸書字教材シート模写編で平仮名難易度編1の練習
  5. 次第になぞり書きが向上していき、絵も描くようになった
  6. ひらがな難易度3が可能となっていった
  7. なぞり書き日記が向上した
  8. 実際には模写も可能だが、日記はなぞり書きを本人が希望したため、なぞりにしている