講師陣紹介

鴨下賢一(かもしたけんいち)

作業療法士/専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育・摂食嚥下)

2019年3月まで静岡県立こども病院で27年間勤務。
未熟児、発達障がい、肢体不自由児、重症心身障がい児、整形外科疾患などを対象に、急性期からの治療を実践してきた。Qシリーズ、凹凸書字教材をはじめとする福祉用具の開発、書籍執筆、特別支援教育支援(学校などでの支援)に数多く取り組む。
2019年4月に福岡県福津市に転居し、同市にて株式会社児童発達支援協会を設立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。
子どもたちやその家族に対して、これまでの経験を生かした発達支援を提供している。
また、有志で「発達が気になる子への支援を考える会」も立ち上げ、地域支援のネットワークづくりとボトムアップを始めている。

<著書>「発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび」合同法規出版
「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ」、中央法規出版
「発達が気になる子への生活動作の教え方」、中央法規出版
「学校が楽しくなる!発達が気になる子へのソーシャルスキルの教え方」 中央法規出版
作業療法士が行うIT活用支援(共著) 医歯薬出版
PT・OTのための発達障害ガイド(共著) 金原出版
広汎性発達障害の作業療法(共著) 三輪書店
発達障害領域の作業療法(共著) 中央法規
新生児理学療法(共著)  メディカルプレス
福祉技術ハンドブック(共著) 朝倉書店
障害者IT活用支援ガイドブック(共著) 日本作業療法士協会
リトルベビーハンドブック(小さな赤ちゃんを生んだママのための母子手帳)(共著)ポコアポコ
テクニカルエイド(共著) 三輪書店

小玉武志(こだまたけし)

所属:北海道済生会西小樽病院 みどりの里

認定作業療法士/博士(作業療法学)/呼吸療法認定士

2006年に社会福祉法人恩賜財団済生会支部北海道済生会西小樽病院みどりの里に入職。入所している重度の肢体不自由および知的障害児・者の支援と、外来リハにて発達障害児への支援を行なっている。
非常勤講師として、「発達障害作業療法学」「発達障害作業療法学演習」などの講義を行なっている。海外研修生として、世界の特別支援教育の教育現場などを視察し、2ヶ月かけて世界一周した経験を持つ。
著書に「脳と体をそだてる感覚遊び」「脳と体を育てる感覚遊びカード」(合同出版)がある。

戸塚(坂本)香代子 (とづかかよこ)

所属:川崎市中央療育センター

修士(作業療法学)/特別支援学校自立活動教諭一種免許(肢体不自由児)   

2007年に札樽・すがた医院入社し、その後神奈川県へ移住し、2013年横浜ハビリテーションクリニック入社。
2015年より川崎市中央療育センターにて勤務。現在は児童発達支援センターに来所される通園児童や、外来リハにて0歳~18歳まで発達障害や肢体不自由、知的障害、難病の方々の支援にあたる。2019年より神奈川発達OTのSIG(仮)の代表を務める。
著書にASD児への発達特性を生かした発達支援と生活支援:MEDICAL REHABIRITATION No.237-2019.6がある。

髙橋知義(たかはし とものり)

所属:株式会社LikeLab 保育所等訪問支援Switch

2001年に社会福祉法人こぐま学園に入社。在職中はリハ職の役職以外にも、生活介護事業所や就労移行支援事業所の管理者も務めた。2015年4月に株式会社LikeLabに入社。保育所等訪問支援事業を立ち上げ、現在は保育所や学校に訪問して、子どもたちの支援を行っている。
著書に「作業療法士が行うIT活用支援」医歯薬出版や「脳と体をそだてる感覚遊び」「脳と体を育てる感覚遊びカード」合同出版。その他、特別支援グッズ「Qスプーン」「Qフォーク」の開発・監修を行なっている。

加藤直樹(かとう なおき)

所属:横浜医療福祉センター港南

2009年に社会福祉法人恩賜財団済生会支部静岡済生会静岡医療福祉センター入職、2018年より社会福祉法人十愛療育会横浜医療福祉センター港南に入職し、現在に至る。
肢体不自由や重症心身障害、発達障害のある方への作業療法に、幼児期から成人期まで幅広く携わる。福祉用具・ICTを用いた支援にも力を入れており、日本作業療法士協会が主催する研修会の講師も務める。
著書に「発達領域におけるICT・AIの活用」:作業療法ジャーナル 53巻 10号がある。

松井匠(まつい たくみ)

所属:医療法人桜十字 桜十字病院

2008年に長崎県にてフリーランスとして活動、発達障害に関する、研究や臨床に携わる。2009年にたすく株式会社に入社。在職中は、自閉症を中心とした発達障害児・者とそのご家族の支援に携わり、療育プログラムの開発担当、児童発達支援管理責任者、講演会講師、知的障害特別支援学校のコンサルタントなどを務める。2017年9月に桜十字病院に入職、外来リハにて肢体不自由児、知的障害児、発達障害児への支援を行なっている。
また、2019年7月より熊本県作業療法士会の理事を務める。

須鎌 康介(すがま こうすけ)

所属:湘南医療大学

発達障害児・者の家族支援サークルや福島の子どもたちを南幌に招待する会への参画、不器用さの要因を測定する機器の基礎研究、遺伝性疾患の分子生物学的研究などを行う。北海道済生会西小樽病院みどりの里で重症心身障害児・者への支援等を行い、2016年湘南医療大学に就職、現在に至る。発達障害に関わる作業療法の専門科目を中心に運動学などの基礎科目も担当。また、在学生の読みの困難さなどの支援を行うとともに、授業資料の提示方法や作成ポイントなどを教職員で共有、学修方法や環境について大学の支援環境整備に取り組んでいる。

森田傑(もりたたかし)

所属:ももの木訪問看護リハビリステーション

認定作業療法士・認定訪問療法士・呼吸療法認定士など

1999年、大阪発達総合療育センター入職 脳性まひ児等肢体不自由児を中心に外来、通園、入園、訪問などに従事。2018年、ももの木訪問看護リハビリステーション入職 現在は肢体不自由児、発達障害児などを中心に難病、高齢者も含めて大阪府豊中市で訪問に従事。

共著:「別冊 小児リハビリテーション」 創刊号 2017,8 gene
「臨床作業療法」〔入門〕摂食嚥下の作業療法 2017,1.2月号 青海社 
「はじめよう!おうちでできる子どものリハビリテーション&やさしいケア」 三輪書房
など

荻野圭司(おぎのけいじ)

所属:医療法人ひまわり会 札樽病院
   多機能型事業所ひまわり コパンの杜

2004年に医療法人ひまわり会札樽病院に入職。脳血管障害等の高齢者のリハビリと発達障害児への支援を行っていた。現在は、外来での発達障害児や肢体不自由児の支援を行っている。
2008年からは、養護学校(支援学校)からの依頼を受け、外部専門家として定期的な訪問支援にも取り組んでいる。また、通学している児童だけでなく、学校教諭や保護者を対象にした研修会の依頼を受け、講師としての活動にも取り組んでいる。 2018年からは多機能型事業所ひまわりコパンの杜にも所属し、保育所等訪問支援員として、通所している児の学校に訪問し支援を行なっている。

東恩納 拓也(ひがしおんな たくや)

所属:みさかえの園総合発達医療福祉センターむつみの家

修士(作業療法学)
2014年に国立病院機構長崎病院へ入職。2016年より、みさかえの園総合発達医療福祉センターむつみの家へ入職し、現職に至る。施設入所している重症心身障害児・者への支援と、外来にて発達障害や遺伝性疾患のあるお子さんへの支援に従事している。
研究にも携わり、主に発達障害児にみられる協調運動の問題をテーマに、論文執筆、国内及び国際学会での発表を行っている

大和千裕(やまとちひろ)

所属:社会医療法人母恋 日鋼記念病院

認定作業療法士。2010年に社会医療法人母恋日鋼記念病院に入職。NICUで新生児期のリハビリや、外来リハにて肢体不自由児、知的障害児、発達障害児とそのご家族への支援を行なっている。

金谷匡紘(かなやくにひろ)

所属:北海道文教大学

認定作業療法士 / 博士(作業療法学) / 生活行為向上マネジメント指導者

2003年より札幌秀友会病院(脳神経外科)にて急性期・回復期のリハビリテーションに従事。2009年より札幌・すがた医院(脳神経内科・整形外科・小児科)にて生活期の外来および訪問リハビリテーションに従事するとともに、児童デイサービスの運営にも関わる。また、注意障害のリハビリテーションに着目した研究活動を継続しており、近年では生活行為向上マネジメントの普及や活用に向けた取り組みも行っている。2019年より現職。

福元 達也(ふくもと たつや)

所属:リハビリ発達支援ルームかもん

教員。2016年に屋久島おおぞら高等学校に入職。本校である屋久島で行うスクーリングの、運営に携わっていました。発達障害などの既往症を持っている生徒、非行を行っている生徒、夢を追いかけている生徒など、様々な生徒が通う本校で、体験学習を中心に生徒とともに生活しました。
現在は、福岡県福津市にある、リハビリ発達支援ルームかもんで、児童指導員として勤務しています。

糸賀 孝(いとが たかし)

所属:広島市社会福祉事業団 広島市こども療育センター

作業療法士・保育士・特別支援教育士(S.E.N.S)・特別支援学校教諭免許等  
2004年に広島市社会福祉事業団に入職。同事業団の広島市北部こども療育センターわかば園(肢体不自由児通園施設)や広島市こども療育センター地域支援室、外来部門で肢体不自由児や発達障害児への支援、保育園や幼稚園、学校への施設支援、保育所等訪問支援を行なっている。

佐藤匠(さとうたくみ)

所属:北海道済生会西小樽病院 みどりの里

2008年に社会福祉法人恩賜財団済生会支部北海道済生会西小樽病院みどりの里に入職。入所している重症心身障害児・者と、外来リハにて発達障害児や地域の重症心身障害児・者への支援を行っています。地域の児童発達支援事業所・放課後等デイサービスでの研修や講師としての活動も行っています。